2007年09月07日

isono P2 長すぎてコメントできなかったw

コメントと情報ありがとうございますー がんばりますー

How Google Blog Search Ranks Results
http://googlesystem.blogspot.com/2007/03/how-google-blog-search-ranks-results.html


これによるとgoogle(Blog)の検索順位の要因は、

プラス要素
  ブログの被リンク
  PageRank
  メール(Gmail)やチャット(google talk)でのリンク・紹介
  タグ
  Feedの購読者
  検索結果のクリック数


マイナス要素
  サイト更新スパム
  大量の広告・悪質な配置などの広告サイト
  記事のコピー
  スパムキーワードの連呼

など、様々であり、

このうち、磯野でできることは、「被リンクによるPageRankの向上」のみとなります。

それ故に、磯野を使用しただけでは検索の上位に来ない可能性も十分にありますが、

私はホームページのタグ、Feedの購読者、広告配置、記事のコピーなど、

サイト管理者の考え、デザインに口を出すつもりはありません。


私の目的は、

「検索エンジン登録代行(&そのソフトの販売)」であり、

「ホームページ作成代行」ではないのですから。


本ソフト「磯野」はホームページの基礎的な力(スコア?)を高める物であり、

「どのようなキーワードで上位に立たせたいか」

「どのようなホームページを目指しているのか」

などは、その利用者の自由であり、私は関与しないつもりでおります。

しかし、利用者があまりにも知らなさすぎる場合、ある程度のサポートはするでしょう。



さて次は、気になる検索エンジンの効果ですね

様々な要因があり、上位=磯野効果と少し言いづらく、

更にGoogleBotの関係で効果の反映まで3ヶ月とかかる可能性もあります。


「サイト:とりすた」
http://trick-star-blog.seesaa.net/

これは何ヶ月も前に、私が作成したサイトです

このサイト上で、磯野の試作品を試しました。


磯野完成の時、基盤ができたホームページをいくつか作ろうと、磯野利用者には私のいくつかのサイトにリンクするようにしております。

その影響も少なからずあるはずなので、この実験は不完全かもしれません。

1. titleタグのキーワードはポイントが高い
2. とりすた⇔トリスタ⇔オンラインゲーム トリックスター  トリックスターのファンのサイトが多い
2. 磯野の記事1つと、登録のためのリンク記事しか書いていない(この当時はリンクを記事として書いていた)
という事を踏まえた上でご覧ください。


「google検索:とりすた」
http://www.google.com/search?q=%E3%81%A8%E3%82%8A%E3%81%99%E3%81%9F&hl=ja&lr=&start=30&sa=N

22,700 件中 38番目になります。


「google検索:とり すた」
http://www.google.com/search?hl=ja&q=%E3%81%A8%E3%82%8A+%E3%81%99%E3%81%9F&lr=

これは意外にも1,960,000 件中 5番目になります。


「google検索:TrickStar」
http://www.google.com/search?hl=ja&q=TrickStar&lr=

117,000 件中 10番目 に来ます

もうちょっと手間をかければ、もっと上位に立てるでしょう。


ちなみに、トリックスターは私がサブとしてよく使うネームですが、

「オンラインゲーム トリックスター」との関係はありません(元ネタが一緒になりそうですが・・・)

「Trickst'e'r」ではなく、「TrickSt'a'r」なのも重要です。


さて、これは 「磯野の効果あり」
 と見ていいのでしょうか

となると、次の問題となってくるのは、「スパム」にならない事


私が怖いと思うのは

1. 同じリンク記事を大量に書くことによる コピー記事認定or同じ用語の連呼
2. 短期間に大量の被リンクを受ける事によるスパム扱い
 
などです。

1はサイト「とりすた」の大量にリンク記事を書いたのに、
明らかに減点を食らっていない事から見て、問題なし と私は考えます。


問題は2です。

磯野を改良し、「exeを起動したら自動的に登録作業(40件分)を開始する」という機能をつけましたので、

タスク スケジューラを利用して、「時期がきたら自動的に一定数の登録」という全自動作業ができますが、


「月に何件くらいの登録なら、スパム扱いされないのか」

というのがまったくわかりません。


例えば2000件を毎月40件のペースで登録をする場合、

50ヶ月・・・ 約4年かかる事になります。


保証書じゃあるまいし、いくら全自動ができるとはいえ、

2000〜3000円くらいの値段で、約4年の契約はしたくありません。


「とりすた」は一気にやりましたので、その数でも減点されていない事から、

毎月その登録数やっていく。


検索エンジン2000個の中から優秀なヤツだけを選別する。
(エンジン収集当初は使えたサイトも、現在仕様変更などで、使えなくなった検索エンジンもあるでしょうし)

などの作業が必要になるかもしれません。


大量の被リンクは減点対象ですが、大量の発リンクは減点ではないとの事なので、

磯野の相互リンク用ページで登録の順番が来ない大量の未使用のリンクを放置していても、問題はなさそうですね。


あと、検索エンジンによる被リンクですが、

「相互リンクでの効果」を考えるのではなく、

「相互リンク必須の検索エンジン」が非常に増えてきています。


ただの検索エンジンだと、平凡すぎてリンクされない。

登録のためのアクセスのみ となってSEO対策にはよろしくないのでしょうかね。


もしかしたら、業者の検索エンジン登録代行サービスに「相互リンク用ページが必要」なんて書かれる日が近いのかもしれませんね。


ふぅ、信用を得るために、かなり細かい情報まで・・・ これくらいやらないと、こういう商売できないよね'A`

正直・・・そこらの登録業者よりは良いと思う・・・


あ、 このコメント  長すぎるのであとで記事にしますーw
posted by Loki at 04:28 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | edit
この記事へのコメント
メリットもデメリットも詳しく書かれていてわかりやすかったです、信頼出来ます。
登録業者は1000個登録でも実際200くらいしか登録されませんね。
あともうひとつなんですが、磯野を自動で起動したときにコメントを記入するとこで、ヨミサーチによって、磯野に入力したのに、コメントを書いてくださいと一部表示されて、コピぺで手入力したんですが有料版の方は問題ないですか?
Posted by 佐々木 at 2007年09月07日 08:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。