2007年07月06日

ソフトウェアを一番うまく使いこなせるのは、製作者なんだ!

現在、磯野のデータ管理ツールを自分用に開発している


「自分用」なのに、つい「操作性」や「わかりやすさ」を気にしてプログラミングしてしまう。

なんという優しさ そして愚かさ 公開することなど無いのに・・・




機能説明


ググったり、検索エンジンに登録されてる検索エンジンを取得なので、


適当に集めてきたURL一覧を入れると、

現在の登録リストと照らし合わせ、重複チェック

検索エンジンの磯野対応チェック

エラー別にリストを生成


結果、登録可能リストとおまけが出来上がる。



次に、精度を高めるために仕方ないのだが、

やはり自分でチェックする作業に入る


しかし、その作業もかなり楽になり、


次々と読み込まれるページの利用規約と相互リンクタグを調べ、


問題がないなら、○ボタン

その際に相互リンクタグがあるなら、コピーしてボックスに貼り付けるだけ

ない場合、トップページのタイトルとURLから、相互リンクタグを生成
(全自動でこれにしたら、問題あるよなぁ・・・)


登録に問題がありそうなら、×ボタン

を押すだけとなっている


今後の作業が楽になりそうだ




気になる点は、登録の速度


現在、検索エンジンへの登録可能かの確認につき(プレビュー画面にいく)
1ページにつき約1秒かかってしまう。

1分で検索エンジン60件の確認。

600件のチェックに10分もかかってしまう。


このペースだと、登録リストの定期メンテナンスに約30分はかかる



スピードを上げるには、磯野のシステムを複数生成し、

複数を同時に巡回させればいいのだが、



根本的なシステムを変更する必要があり、

ちょっとややこしくなってしまっている。


まじめに作ると、1日はかかりそうなんだが、

一瞬にしてスピードを上げられる画期的な方法を閃いた。


「多重起動」すればいいだけの話じゃね?


こうして、おかしくなっていくプログラム
posted by Loki at 02:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | edit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46873324

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。