2007年03月20日

激安ピアノの選び方

********************

激安ピアノ


激安ピアノを買う前に


********************

質が悪くても、とりあえず弾けるならイイや っていうピアノ(キーボード)なら溢れていますが、


おもちゃのようなタッチじゃなく、

鍵盤がもっと重く、ちゃんとしたタッチが欲しいって場合、

選ぶのがかなり難しくなります。


そこで、この記事では、タッチが良く使えるピアノの紹介をさせて頂きます。


********************

激安ピアノ


タッチを考えて、激安のピアノを買うなら


********************

Yamaha P-70 最安値


http://kakaku.com/prdsearch/detaillowprice.asp?PrdKey=25030410180
88標準鍵盤 最大同時発音数:32音
\43,990(2007年3月22日)

Privia PX-110 最安値


http://kakaku.com/prdsearch/detaillowprice.asp?PrdKey=25030210101
\38,900(2007年3月22日)
88標準鍵盤 最大同時発音数:32音

この2つのURLが参考になるでしょう


タッチが良いのですが、タッチはとても重要な要素ですので、

ネット上の評価だけで決めず、自分でお店にいって、

実際に弾いてみる事をオススメします。

この2つのピアノは大体のお店に置いてあるはずなので、

簡単に試し弾きできますよ


P-70の感覚とか予想外('A`*)



また、88鍵盤であるのもうれしいですね。


最大同時発音数:32音(ステレオ使用の場合16音)

最大同時発音数を気にする場合、より良いモノを買わなくてはいけませんが、

値段が跳ね上がります。


********************

激安ピアノ


高級な激安ピアノ


********************

Yamaha P-140 最安値


http://kakaku.com/prdsearch/detaillowprice.asp?PrdKey=25030410181
88標準鍵盤 最大同時発音数:64音
\89,000(2007年3月22日)

お金に余裕がある人はこれを考えてはどうでしょうか?


********************

激安ピアノ


特殊な激安ピアノ


********************

私が買った特殊な激安ピアノのご紹介。


ProKeys 88 Hammer Action Premium Stage Piano 最安値


http://kakaku.com/item/25030610211/
\59,850(2007年3月22日)

ProKeys 88sx Lightweight Stage Piano with Semi-Weighted Action 最安値


http://kakaku.com/item/25030610212/
\42,590(2007年3月22日)

これはピアノに近い、MIDIキーボードです


公式サイトの説明
http://www.m-audio.jp/products/jp_jp/ProKeys88-main.html


特徴は
「DAWをコントロール」
「USBで使える」
「3種類のペダル」
「88標準鍵盤」
「最大同時発音数126」
「サスティーン・ペダル同梱(SP-2)」

PCなどその他の機材に接続して、真価を発揮


スピーカーがなく、単体では音が出ないというとんでもない仕様だが、

その代わりにこの性能でこの安さ  まさに激安 激安

しかもサスティーンペダル同封という信じられない激安ぶりw




私は迷った挙句、激安ぶりに負けて、

ProKeys 88sx Lightweight Stage Piano with Semi-Weighted Action

を購入しました。


タッチは・・・ やや重いキーボードといった所でしょうか


********************

激安ピアノ


特殊な激安ピアノの使用方法


********************

私はこのMIDIキーボードをPCに繋ぎ、リアルタイムDTM環境を作っています。


MIDIと聞くと、あのチープな音を考える人は多いのではないでしょうか?

キーボードに接続した人は、演奏と発音のラグのひどさに泣いたでしょう。


やり方を変えれば、とても素晴らしいモノになるそうですよ。
MIDIのデータをVSTというモノを通し、まったく別の音にして発音する。

MIDIキーボードの演奏と発音のラグも、ASIOを使いレイテンシー(遅延)を限りなく抑える事により、感じなくなります。



【シリーズ テクニカル用語徹底解説】その1 ASIOドライバって何?  --All About
http://allabout.co.jp/entertainment/dtm/closeup/CU20021117/

< ASIOで音質改善!>  --My Hobby's HomePage Back Yard
http://www5f.biglobe.ne.jp/~blitzen/page078.html

【シリーズ テクニカル用語徹底解説】その3 VSTプラグインって何?  --All About
http://allabout.co.jp/entertainment/dtm/closeup/CU20030222/



私はCubaseなんて高級なモノを持っていないので、


VSTHost  --窓の社
http://www.forest.impress.co.jp/article/2006/11/08/vsthost.html

というMIDI入力等をVSTへ出力する無料のソフトを使っています。


音色は実に様々

VSTiというモトをネット上で探す事で使用できます。

これで新しい音楽ができるでしょう
posted by Loki at 21:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | お役立ち情報 | edit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。